ふぐのこと
福井県小浜市 ふぐ料理の宿 さいば

ふぐ

ふぐのこと

トラふぐの特徴

ふぐ

高たんぱく・低脂肪

ふぐは高たんぱく低脂肪の超健康食品です。
他の魚に比べて脂肪分など極端に低いのも特徴です。


ふぐ皮

コラーゲンたっぷり

ふぐの皮やくちばしはほとんどゼラチン質でこれは良質なコラーゲンの塊です。コラーゲンは、私たちの体を構成するタンパク質の3分の1を占めています。皮膚、骨、関節の軟骨、骨と筋肉をつなぐ腱、歯、歯茎、血管などあらゆるところに存在しています。 表皮の下にある真皮と呼ばれる部分は、コラーゲンが多く含まれ肌に潤いを与えます。骨の中のコラーゲンは、カルシウムやリンの「つなぎ」のような働きをし、骨を強くてしなやかに保ちます。 水晶体や角膜なども、コラーゲンによってハリを保っています。常にコラーゲンを補給すれば、老眼などの予防も期待できます。 コラーゲンは体を構成する基本的な成分ですが、年をとると体内で合成する力が衰えますので、適度に摂取することにより、それぞれの部位においては常に若々しさを保つことにつながります。


栄養

食物繊維がたっぷり

鍋で炊いた野菜達は生野菜に比べて消化吸収しやすく、食べることができる量も生野菜より多いです。
一般にはどうしても生野菜のほうが栄養分があるように思われがちです。しかし栄養分のビタミンEやカロチン・ミネラルは加熱しても減りません。
また野菜に含まれる食物繊維はコレステロール値を下げて、動脈硬化を防いだり、高血圧予防、糖尿病予防の効果があります。


トラフグ(Takifugu rubripes)

・フグ亜目フグ科トラフグ属
・独特の特性を持つ 「噛み合う」「膨れる」「鳴く」
・生産量の多い上位5県 長崎県、熊本県、愛媛県、香川県 福井県
・刺身、鍋、唐揚げなどは絶品!


ふぐ

養殖にあたっては独特の特性も

この魚の養殖は「噛み合う」、「膨れる」、「鳴く」などの他の魚にはみられない特性をもつ魚であり、仲間の体を傷つけたり、飼育網を破るなど、養殖にあたっては厄介な魚と言えます。フグの代表的な特徴でもある膨腹習性(ふくれる)はフグを水から取りあげたり、つかんだりする強い刺激に対し、防御や威嚇のため、水や空気を胃に吸いこむことで起こります。又、怒った時には上下4枚の歯を噛み合わせて「グゥーグゥー」と鳴くこともあります。


養殖

恵まれた環境と、適正な養殖の実践で『美味しい・安全』の両面を確立

昭和29年、高浜町の一軒から始まったとらふぐの養殖。今や、「若狭ふぐ」というブランドで生産額全国5位(平成13年)を誇る日本でも屈指の産地となりました。リアス式海岸で波の穏やかな湾内、透き通ったきれいな水。とらふぐの産卵地ともなっている福井県の若狭湾一帯の自然環境が養殖の適地であったことも大きな要因です。 当阿納地区では、平成元年からこのトラふぐ養殖が始められました。 恵まれた環境で『美味しい・安全な』トラふぐを生産しております。


ラベル

若狭ふぐ」はブランド品!(商標登録)
「若狭ふぐ」は商標登録された、福井県のブランド品です。

おいしさと、安全のしるし!
若狭の海で育ったおいしいトラフグ「若狭ふぐ」。
この「若狭ふぐ」を安心して安全に消費者の皆様に食べていただくため、平成18年12月に商標登録をしました。
福井県海水養魚協会会員が、一生懸命育てた「若狭ふぐ」です。
安心・安全・おいしい三拍子そろった「若狭ふぐ」をぜひ味わってみてください。

arrow福井県海水養魚協会



お得な宿泊プランはこちら

division

宿さがし.com ふぐ料理の宿 さいば
〒917-0105
福井県小浜市阿納12-73 TEL 0770-54-3041 FAX 0770-54-3448 e-mail fuguyado@ma.cho.ne.jp

space